本文へ移動

下水道除害施設

事業所の排水を下水道に流す時に「下水排除基準」を超える恐れがある場合、排水や廃液による障害を除外するために必要な除外施設の設置が下水道法によって定められており、下記の届出が義務付けられています。
 
  • 1日当りの最大排水量が50㎥以上の場合や法令で定められた物質を流す場合は「公共下水道使用開始届」の届出が必要となります。
  • 「特定施設」に定められた業種(No.1~74)の場合、水質汚濁防止法の届出が必要となります。
 
大管工業では、上記法令に基づいた設計・施工・メンテナンス業務まで一貫体制で行っています。 また、排水処理施設にバイオ剤を添加することによって、基準水質の確保と発生汚泥の大幅な減少を図ることにより、高性能な処理を推進しています。

主な納入実績(抜粋)

施設名
設置場所
下水道除害施設
福岡県福岡市
マリノアシティ福岡
福岡県福岡市
佐賀市中部学校給食センター
佐賀県佐賀市
阪急百貨店池田食品工場
大阪府池田市
独立行政法人地域医療機能推進機構 下関医療センター
山口県下関市
センターフーズ(株)
鹿児島県いちき串木野市
ホテルマリノアリゾート福岡
福岡県福岡市
嬉野市学校給食センター
佐賀県嬉野市
(株)全栄フーズ
鹿児島県いちき串木野市
大村市小学校給食センター
長崎県大村市
ヒルトン沖縄北谷リゾート
沖縄県中頭郡北谷町
原三信病院
福岡県福岡市
愛心会大隅鹿屋病院
鹿児島県鹿屋市
JR大分シティ アミュプラザおおいた
大分県大分市
北九州総合病院
福岡県北九州市
新唐津給食センター
佐賀県唐津市
(株)阪急デリカアイ 池田工場
大阪府池田市
ダブルツリーbyヒルトン沖縄北谷リゾート
沖縄県中頭郡北谷町
大村市中学校給食センター
長崎県大村市
大分オーパ-OPA
大分県大分市
都ホテル 博多
福岡県福岡市
イセデリカ㈱ 白羽工場
茨城県龍ヶ崎市
TOPへ戻る